第四回インタビュー: 防衛駐在官 山本一等陸佐、山下二等陸佐

本インタビューでは、陸上自衛隊山本一等陸佐、山下二等陸佐にお話を伺った。両自衛官は防衛の専門家として様々な方面から国防に携わってこられ、現在は在米国日本国大使館で防衛駐在官としてお仕事をされている。本インタビューでは、両自衛官のご経験、防衛駐在官の職務、そして自衛官としての国防に対する思いを伺い、また、在米国日本国大使館でお仕事をされている経験から、留学中の日本人学生へ向けてメッセージをいただいた。

Qお二人のご経歴についてですが、具体的には何をなさっていましたか。

A (山本一等陸佐)

私は防衛大学校ではなく、大阪大学工学部を卒業しました。そこでは卒業後企業に就職する人が多く、企業側からの募集と生徒のマッチングをするためのアンケートがよく行われていました。大学院に進むつもりでしたが、そのアンケートに答えている内に今しかできないことをしようと考えるようになり、戦車部隊の指揮官になろうと思いました。

一般大学から試験を受ける場合は、その時点で陸・海・空自衛隊で分かれており、陸上自衛隊を選びました。その後陸上自衛隊幹部候補生学校に入り、陸上自衛隊の中で戦車を扱っている機甲科に指定されました。機甲科は主に戦車部隊と偵察部隊を所掌していて、30歳手前までそこで活動していました。その後、東京にある陸上自衛隊幹部学校指揮幕僚課程に入りましたが、本課程修了後は仕事の幅が広くなる分、戦車部隊にはなかなか戻れなくなりました。指揮幕僚課程修了後、札幌に戻りましたが、そこでは戦車部隊ではなく、地方協力本部という隊員の募集や自衛隊を退職する者の再就職支援、予備自衛官の管理などを行っている機関でPRの仕事をしました。学生の体験のサポートから就職セミナーでの展示ブースの開設・運営、隊員が事故を起こした際の報道対応などを行っていました。その後外務省の安全保障政策課への出向を経て、陸上幕僚監部の防衛課編成班に配置されました。編成班というのは、全陸上自衛隊員約15万人でどのような部隊を作りどこに配置するかなどを考える部署です。権限が大きくやりがいがある分、忙しい仕事でした。その仕事をしている時に海外の防衛駐在官の希望調査があり、ワシントンDCへ来ることになりました。ワシントンDCへ来る前に、ローマにあるNATO国防大学で半年間勉強する貴重な機会を得ました。様々な国の方やNATOと関係のある機関から来た方と日々議論することができ、防衛駐在官として勤務するための良い経験になりました。

(山下二等陸佐)

防衛大学校を卒業、陸上自衛隊幹部候補生学校を出ました。その後、職種に分かれる中で、陸上自衛隊の中でも後方支援として食料や物資を運ぶ、輸送という職種を選びました。それから30人程の小隊のリーダーや、更にその小隊がいくつか集まってできる中隊のリーダーを経験していきました。輸送の中で約10年活動しました。その後職種を超えた総合職の仕事に就くための試験に30代前半で合格し、陸上自衛隊幹部学校へ行きました。

卒業後はそれまでの輸送と全く違う仕事をすることになりました。例えば防衛省の広報部門で「MAMOR」という雑誌を2年間作ったり、陸上幕僚監部のスタッフをしたりしていました。今はワシントンDCに来て2年4か月くらいになります。

Q入隊した当時との自衛官という仕事に対する思いの変化はありましたか?

A(山本一等陸佐)

先述のとおり戦車部隊の指揮官になりたくて陸上自衛隊へ入隊し、希望通り戦車部隊に所属することができました。戦車というのはいわゆる歩兵と共に第一線で活動するに当たって様々な部隊との連携が不可欠です。その連携が上手く機能しなければ、作戦は成功しないでしょう。入隊当時と比べ、階級が上がるごとに単純には物事を考えられなくなりました。というのも入隊当初は、戦車部隊の役割に集中していましたが、階級が上がるに従い、様々な部隊、さらには地方自治体や関係省庁との繋がりをより意識するようになったからです。第一線部隊の成功にはたくさんの人たちとの連携と協力が必要なのです。

(山下二等陸佐)

私が自衛隊に入隊した理由は、元々、国連や海外青年協力隊などの国際的な仕事に興味がある中で、自衛隊も一つの手段ではないかと考えたからです。しかし、何年も自衛官として過ごすうちに自衛隊という仕事をやり抜くことが今や目的となり、その中で国際的な仕事に携わることが一つの手段と思うようになりました。

Q 防衛駐在官という仕事は具体的にどのようなことをしているのでしょうか?

A(山本一等陸佐)

防衛駐在官の仕事は、日米両軍の対話が円滑に進む為、いわばメンテナンスを行いよりよくする役割を担っています。具体的にはアメリカ合衆国の軍政府関係の情報を収集し、または日本の情報を発信するということです。特にアメリカの政府や軍の関係者との会合、会談などを通して、情報収集、情報発信をしています。しかし、軍政府関係者だけでなく、日米両国民に対しての情報発信も重要な仕事であり、日米関係の良好な関係を築くには必要不可欠です。

(山下二等陸佐)

私たち防衛駐在官は、大使館の中でも特殊な存在です。大使館に赴任するに当たって、私たちは一度、防衛省を退職するかたちで外務省の外交官として、こちらの在米国日本国大使館に赴任しています。他方で、他の外交官とは違って防衛駐在官は、米陸軍に認証を受けた特別な地位と権限を持ち、米軍と自衛隊の関係強化と情報収集に努めています。

Q 自衛官としての意識に関する質問ですが、個人としての思いと国家の利益のために働く上での葛藤などはありましたか?

A (山本一等陸佐)

私は、特にありませんでした。日本が良い状態であるというのは、自分や家族、友人の幸せに繋がると思っています。安全保障条約等に関して、批判が出ることもありますが、批判が出るというのはまともな国であるということですし、様々な意見が出るのは当然だと思っています。むしろ、自衛隊の駐屯地などがある場所は例外かもしれませんが、安全保障や外交に関心を持っている人は少なく、普段生活する上で日米関係を気にするということは稀なので、議論が盛り上がることはありがたいことかもしれません。ただ、東日本大震災の際には、自分の家族も被災しているという状況で、家族を置いて仕事に行くということに葛藤があった自衛官もいたと思います。そのような状況でもほとんどの自衛官が仕事に出て来てくれました。

(山下二等陸佐)

私が入隊した当時と今では、自衛隊そのものが劇的に変わりました。それに伴って、自衛官の葛藤の仕方も大きく変わったように思えます。冷戦時代の自衛隊の大きな役割は、十分に訓練をした状態で存在することそのもので紛争を未然に防止することでした。それはまるで、練習はするけれども試合にはでられないスポーツチームのようなものでした。自衛官にとって活躍する場がないことは平和を意味しているわけですから、当時はそれが幸せとして引退する葛藤があったわけです。ところが今は、国内外で自衛隊の活動の場が多様化、拡大の一途をたどっています。存在するだけでは、平和が保てない時代になったのかもしれません。したがって、現在の自衛官の葛藤は、失敗が許されない様々な実践に自らが晒されるということではないでしょうか?

Q 一般国民と防衛の専門家の意識の違いを埋めるためにどのようなアプローチが必要だとお考えですか?

A (山本一等陸佐)

日本でも自衛官がしていることをPRすることが重要だと感じます。ただ、母親の立場になって考えると、身の危険を伴うなか子供をわざわざ自衛官にしたいとは思えないという気持ちもわかります。それは自衛隊が本質的に持っているものでしょう。自衛官を志す方は、自衛官というものは、身の危険を顧みず、専心職務の遂行に努めるものだということを理解した上で、入隊してくれればと思います。一般国民が毎日安全保障のことを考えないといけない状況は不安です。そのような不安を感じないということが日本にとっては幸せなことなのだと思います。

(山下二等陸佐)

自衛隊に対する理解と協力を得る広報、そして、自衛隊が何をしていて、なぜ必要なのかを教える教育が重要です。一番まずい状態は無関心である一方、急に問題が起きたときにパニックになるということです。ですので、教育と広報は絶え間なく必要です。

(山本一等陸佐)

自衛隊に関して関心を持ち、知るということは正しい批判にもつながると思います。ですので、まずはきちんと自衛隊に関して知ってもらいたいと思います。

Q日本人留学生に向けて一言お願いします。

A (山本一等陸佐)

全力で頑張ってください。いい機会だと思うので遊びも勉強も全力でやって損はないと思います。若いうちはそれだけの体力がありますから。

みなさんも分かっているように英語はツールでしかありません。アメリカにいることで、日本についての自らの思いを考える機会が増えると思います。また、アメリカのみならずいろんな国の人の考えや背景をどんどん吸収できると思うので、貪欲に全力で前向きにいてください。忙しくて辛いことも出てくるかもしれませんが、前向きでいれば乗り越えられます。そして非常に良い場所、良い時期に良い機会を持っていると思うので繰り返しになりますが、全力で頑張ってください。

(山下二等陸佐)

自分の学部や学科のものでいいと思うので、日本人の少ないグループに入って頑張ることがいいのではないでしょうか。ワシントンDCの職場にはいろいろな国の人が集まっているグループがあり、そこを率いているのはイギリス、オーストラリア、ニュージーランド、ドイツ、カナダの人たちが多いです。そこで日本人でも頑張ることが自分のためになると思っています。そういったことを皆さんがすることは、留学しながら外交をしている、つまり国の地位を高めているのと一緒です。余裕があれば挑戦してみてください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: