2012年度第1回企画 就職面接セミナーのお知らせ

座論メンバーの皆さん、こんにちは。
2012年第1回企画のお知らせです。

「目指せ内定!座論・就活面接セミナー」
日時:2012年2月1日(水)
開場: 5:15PM
講演開始: 5:30PM (8:00終了予定)
   懇親会開始:8:15PM 予定
場所:American University, 4400 Massachusetts Ave, NW, Washington DC 20016
会場:TBA
服装:自由
応募締切: 2012年1月30日(月)11:59 pm
*先着25名が面接対象者となります。
登録はこちらから:https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dGFoSlRjbmlnZ1Q0SXNFZjFlX254Wnc6MQ

座論メンバーのみなさん

こんにちは。冬休みはいかがでしたか?

日本では、昨年12月1日より就職活動が本格化し、周りは悲喜交交。
いずれは飛び込む就活戦線に向け、早めの対策をするに越したことはありません。

来る2月1日水曜日、就活面接セミナーを開催いたします。
今回は「参加型・ゲーム形式」企画で、参加者の皆さまには「民間企業の入社面接」を体験していただきます。
一次面接(集団)に始まり、合格者は実際の就職面接と同様、二次面接(少数)、最終面接(個人)まで進むことができます。
途中で次のステップへと進めなくなった場合も、その後は傍聴者として他の参加者の面接を聞き、
就活面接のシュミレーション、他の参加者の回答内容、面接結果のフィードバックなどから学んでいただきたいと思います。
面接は場数が大事というように、実際の就活面接に則したシチュエーションで面接を行うことは、貴重な経験となることと思います。

面接官には、伊藤忠商事より、面接官経験のある兼盛玉輝氏をお招きします。
兼盛氏には、面接内容の意図、面接結果のフィードバック、質疑応答なども行なっていただく予定ですので、参加者の皆さまにはこの機会を活かし、積極的に参加していただきたいと思います。

尚、この企画はあくまで”シュミレーション”ですので、結果は伊藤忠商事の本採用などとは一切関係がありません。

イベント終了後は懇親会を開催予定ですので、併せてご出席いただけると幸いです。

今回のイベントの特性上、先着25名が面接対象者となります。参加登録はお早めに!
また、傍聴者としての参加も可能です。面接をご希望で無い方も登録フォームよりご登録お願いいたします。
面接対象者の数が定員に達した際も、イベント自体には参加可能ですので、少しでも興味のある方はご登録下さい。

何かご不明な点等ございましたら、お気軽にzaron.au@gmail.comまでお問い合わせください。

みなさんのご参加を、心よりお待ちしております!

座論

2011年Fall Semester座論幹部紹介

2011年Fall Semester座論幹部紹介

左上から右下へ

笠井祐里
(役職)広報。ブログ更新、フライヤー作成。(所属)AU SIS/ 立命館大学政策科学部 政策科学科(興味分野)国際政治、米国政治、マスメディア(一言)座論でさまざまな方たちのお話を聞いて、日々勉強させてもらってます。まだまだ勉強中ですが、座論をひっぱっていけるようになりたいです!

荻田 航希

(役職)広報(所属)AU SIS/立命館大学 国際関係学部(興味分野)安全保障・外交(一言)座論では、広報並びにリクルート担当してます。興味のある方は是非ご一報ください。

川島 あずさ
(役職)懇親会企画(所属)AU SIS/早稲田大学 国際教養学部(興味分野)国際政治 戦争・紛争(一言)座論最高!

石原 綾香
(役職)副代表(所属)AU SIS/ 立命館大学 国際関係学部(興味分野)グローバリゼーションと農業

田中 智之
(役職)代表(所属)AU SIS/立命館大学 国際関係学部(興味分野):国際協力開発、国際政治経済(一言)座長の田中です。今年で5年目を迎える座論に幹部一丸となり新たな風を吹きこんでいきます。日々進化を続ける座論に乞うご期待!

石井 優衣
(役職)書記(所属)AU SIS/立命館大学 国際関係学部(興味分野)環境政策(一言)たくさんの方のお話を聞いて自分の視野を広げたいと思います。

レポート:第65回講演会「パネルディスカッション〜3/11東日本大震災から9ヶ月 復興と課題〜」

去る2011年12月3日(土)に行われた第65回講演会「パネルディスカッション 3/11・東日本大震災から9ヶ月 復興と課題」について報告致します。
今回は英語での講演会であったこともあり、現役座論幹部が経験するなかで最多の参加者に来ていただくことができました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

今回の講演会はゲストスピーカーに日本経済団体連合会(経団連)から油木清明さん、世界銀行からシニアエコノミストの河内祐典さん、アメリカン大学の経済学部(Kogod)からリチャード・リノウズ准教授、モデレーターにアメリカン大学国際関係学部(SIS)からミレヤ・ソリス准教授をお招きし、それぞれの見方から3.11の東日本大震災についての見解をお話いただきました。
油木さんは、日本経済が受けた影響を数字データからわかりやすく示されました。河内さんは東日本大震災が日本経済と世界経済にどのような影響を与えるのかという推定結果を分析されました。阪神・淡路大震災と東日本大震災の日本経済へのダメージの大きさの違いなどについてお話をされると、参加者は熱心に耳を傾けていました。リノウズ准教授はアメリカから見る震災と、アメリカの日本への復興支援計画についてお話されました。モデレーターのソリス准教授は、講演者と参加者の架け橋となってくださいました。
東日本大震災からの復興、原発事故の影響を中心に議論がなされた今回のパネルディスカッションは、さまざまな見方から震災について考えることのできた貴重な機会となりました。

講演会議事録[第65回講演会議事録]

講演会後の懇親会では、全てのゲストスピーカーの方が参加してくださり、来場者は気になった講演者、モデレーターの方と思い思いにお話をされ各自の疑問を解決していたようでした。お話を聞くために並んで待つ熱心な方もいらっしゃいました。

ご講演いただいた油木さん、河内さん、リノウズ准教授、そしてモデレーターのソリス准教授、そしてイベントを盛り上げて下さった参加者の皆さん、本当にありがとうございました。たくさんの人で賑わうFounders roomは圧巻で、予想以上の多くの方に来ていただいたことは私達、座論にとっても励みになりました。
今回来ることができなかった方も、来てくださった方も今後の座論の講演会に足を運んでくださると幸いです。
2012年度も多くの企画、講演会を計画しておりますので、今後とも座論をご愛顧賜りますようよろしくお願いします。

レポート:第64回講演会「ANAから見る航空業界」

去る2011年11月19日(土)に行われました第64回講演会「ANAから見る航空業界」について報告させていただきます。
今回の講演会は、ANAからダレス国際空港勤務をされている、グランドスタッフの高橋佳子さんをお招きし、16時から18時まで講演会をSIS BuildingのFounders Roomにて行いました。
講演内容は、主にANAの業績や展望、航空業界の改革についてなど、航空業界の内情を多く語っていただきました。質疑応答では、丁寧なANAのサービスについて多く質問がなされ、日本式サービスの秘密について知ることができた有意義な時間となりました。
懇親会では和やかな雰囲気の中話が弾み、参加者の方々は高橋さんの経験談に熱心に耳を傾けているようでした。

講演会の概要[coming soon!!]
議事録はこちらから。[coming soon!]

足を運んでくださった方ありがとうございます。来られなかった方も2012年も多くの企画を計画中ですので、またのお越しを座論一同お待ちしております。

座論