[重要]4月2日講演会開催場所について

4月2日(土)に講演会予定の、座論×Table For Twoの開催場所が変更となりました。

当日は「Ward 101」にての開催となりますので、参加予定の方はご注意ください。

なお、参加登録を現在も受け付けていますので、未登録の方は下記のリンクからお願いします。

http://www.surveymonkey.com/s/NV8VQJF

座論

Advertisements

2010年度 第7回座論講演会 座論×Table for Two‏

主題:「TABLE FOR TWO USAの挑戦−開発途上国の飢餓と先進国の肥満を同時に解決する試みとは?」
日時: 2011年4月2日(土)
時間: 開場 11:15
            開始 11:30
            終了 13:00
会場: SIS Founders Room, American University
服装: 指定なし (但し、Tシャツやサンダル等、スピーカーの方に失礼になる服装はご遠慮下さい)
応募方法:http://www.surveymonkey.com/s/NV8VQJF 
締め切り: 4月1日金曜日11:59 am

4月2日土曜日、

Table for Two DC Chapter代表の安永様と副代表の松原様をお招きし、講演会を開催致します。当日はTFTの活動内容をテーマにお話頂きますが、その他学生の視点からのボランティア活動についてや、NPOのファイナンスのお話、また、世界の食問題についてTFTの活動がどのようにアフリカの子供たちに影響しているかといったこともお話頂く予定です。尚、今回の講演会は日本語にて行われます。講演会後には懇親会も企画しておりますので、参加をご希望の方は上記のURLからご予約を行ってください。(フェースブックのイベントページからのみの参加表明は、予約としてカウントいたしておりませんので、必ず上記のURLから登録してください)。

(講演者略歴)

安永 修章 

兵庫県生まれ。2004年早稲田大学大学院文学研究科修士課程卒業。同年4月より早稲田大学に入職し、留学センターで6年間勤務。主に留学生の入試、リクルートを始め、ビザ、医療費等の留学生の生活全般を担当。大学と地域、留学生をつなげる数々のイベントの企画運営を行なう。NPOシブヤ大学での講師など大学以外での活動も盛んに行っていた。2009年9月よりワシントンDCにある日米研究インスティテュート(USJI)にマネージャーとして勤務。業務の傍ら、2010年8月よりTABLE FOR TWO USAに関わりはじめ、ワシントンDC支部発足と同時に同支部代表となる。現在はDCのみならず、TFT USA Southeast Headとして米国東南地区を広くカバーしている。

松原 Katsuya

静岡大学(大使館で働く為3年次に中退)。ワシントンDCの日本大使館にて在外公館派遣員として勤務。University of North Carolina at Wilmingtonに編入。Atlantaにて日系の輸出入の会社に勤務。現在University of MarylandでMBAを勉強中。

(TFTについて)

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

座論

2010年度 第6回座論講演会 座論×三菱東京UFJ銀行

主題:「米国政治の保守リベラルの対比」
日時: 2011年3月26日
時間: 開場 16:15
開始 16:30
終了 18:00
会場: SIS Founders Room, American University

服装: 指定なし (但し、ジーパンやTシャツ、サンダル等、スピーカーの方に失礼になる服装はご遠慮下さい)
応募方法:http://www.surveymonkey.com/s/XFJX3FN
締め切り: 3月25日金曜日11:59 am

3月26日土曜日、三菱東京UFJ銀行ワシントン駐在員事務所長の奥 智之様と奥様の後任でいらっしゃる寺澤英光様をお招きし、米国内の思想の違いが政策にどのような影響を与えるかについてお話いただきます。

奥様は東京大学経済学部を卒業された後、1981年に東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)へ入行され、国内支店、豪州東銀シドニー、企画室、広報部、アトランタ支店、アトランタ出張所長、秘書室長を経て、2007年1月に現職であられるワシントン駐在員事務所長に就任されました。その他に豪州産業開発公社や東京金融先物取引所(現東京金融取引所)への出向経験もお持ちです。

ワシントン駐在員事務所は世界中の顧客や銀行ビジネスに多大な影響を与える、アメリカの金融、経済、規制、米国国内政治や外交等を幅広く政策の動向を把握役割を担っています。

質疑応答の際には講演会でお話して頂く内容に限らず、米国、日本、世界の経済・金融・政治や、銀行の組織的特質に関して等幅広い質問にお答え頂きます。皆様、ご自由に質問を事前に考えてきて下さい。
尚、今回の講演会は日本語にて行われます。
講演会後には懇親会も企画しておりますので、参加をご希望の方は上記のURLからご予約を行ってください。(フェースブックのイベントページからのみの参加表明は、予約としてカウントいたしておりませんので、必ず上記のURLから登録してください)。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

座論

2010年度第5回座​論講演会 座論×伊藤忠商事

2010年度 第5回座論講演会 座論×伊藤忠商事

主題:「一流商社マンと二流商社マンの裏表」

日時:  2011年3月18日(金)

時間:  16:45 開場
17:00 開始

19:00 終了
予定会場:SIS Founder’s room, American University

服装:指定なし(但し、ジャージやサンダル等、スピーカーの方に失礼となる服装はご遠慮下さい)

3月18日金曜日、伊藤忠商事株式会社ワシントン支社の瀬川様と兼盛様をお招きし、講演会を開催致します。

今回の講演会は、伊藤忠商事よりお二人の「商社マン」をお呼びして商社とはどのようなことをしていらっしゃるのか、お話していただきます。

お一人目は、瀬川夏樹さんです。瀬川さんはRutgers Universityから1993年に伊藤忠商事に入社され、航空宇宙部に配属されました。その後、戦闘機関係の取引に従事され現在はITOCHU Aviation Inc.で次期戦闘機の商談を担当されています。

お二人目は、兼盛玉輝さんです。兼盛さんは慶応義塾大学理工学部から1994年に伊藤忠商事に入社され、産業機械部に配属されました。そこから98年まで食品関係の取引に従事され、02年に事業戦力室に異動、03年よりモスクワに赴任されました。そこで06年までモスクワに駐在され、07年より社内公募にて原子力燃料室に異動されました。現在はITOCHU International Inc.において欧米における原子力燃料おもにウラントレードを担当されています。瀬川夏樹さんです。瀬川さんはRutgers Universityから1993年に伊藤忠商事に入社され、航空宇宙部に配属されました。その後、戦闘機関係の取引に従事され現在はITOCHU Aviation Inc.で次期戦闘機の商談を担当されています。

今講演会では、先にも述べました通り、この瀬川さん・兼盛さんのお二人に「商社マン」とはどのようなことをされているのか、商社と防衛の関係などについて幅広くお話ししていただく予定です。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

座論

新企画「I Say You Say」

AU座論会からのお知らせです。

新企画「I Say You Say」第一弾:  座論×Okinawa-Alliance

主題:「Okinawa-Allianceと語る、現在の沖縄の米軍基地問題と日米安全保障問題」

日時:  2011年3月16日(水)

時間:  16:45 開場

            17:00 開始

            19:00 終了予定

会場:Hughes Formal

服装:指定なし(但し、ジャージやサンダル等、スピーカーの方に失礼となる服装はご遠慮下さい)

応募方法:http://www.surveymonkey.com/s/CCZSS56 (ディスカッションは英語にて行われます。)
応募締め切り:3月15日(火)11:59am

 

I Say You Sayとは、今回より新スタートする、ゲストの皆さまがAU内に存在する他の学生団体の方々と共に、日本に関連するあらゆるトピックについてのDiscussionを行なう企画です。
 
 

今回はその第一弾として、「AU Okinawa-Alliance」という学生団体の方々をゲストとしてお招き致します。「AU Okinawa-Alliance」は、2010年12月に沖縄へ修学旅行に行ってきたAU学生グループによって設立されました。この「AU Okinawa-Alliance」は、沖縄の米軍基地問題に関する認識を広めることをクラブ活動の目的としています。よって当日のイベントでは、沖縄の基地問題などに関するDiscussionを通し、普段ではあまり知ることの出来ない外国人の米軍基地問題に関する見解を知ることが可能となります。

主な議論の話題としては、過去に起こった米軍の少女暴行事件やヘリコプター墜落事件、普天間の基地移設が起因した鳩山首相の辞任や、現日本部長であり前駐沖縄総領事でもあったケビン・メア氏の沖縄県民に対する問題発言等を扱う予定です。

参加ご希望の方は、上記のURLからご予約を行って下さい。また、何かご質問等ございましたら、座論のアドレス(zaron.au@gmail.com)​までご連絡下さい。

皆様のご参加をお待ちしております。

座論

国際公務員就職ガイダンス

2011年2月23日、アメリカン大学において、外務省一等書記官金森さんがお越しになり、国際連合やその他の国際機関についての就職ガイダンスをされました。

国際機関における日本人の少なさ、厳しい競争とともに、国際公務員の魅力についても話され、お越しいただいたオーディエンスの方々も深く聞き入っていました。

ガイダンスのアウトラインは以下の通りです。

1、国際機関における職員の種類、数

2、レベル別の採用形態、給与

3、学生時代に準備するべきこと

4、コンピテンシー重視の面接形態

5、応募書類の書き方

詳しい内容につきましては、後日に「議事録(フルノート)」にアップいたしますので、興味のある方はチェックをお願いいたします。

お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。

今後とも、座論をよろしくお願いいたします。